オンラインレッスンについて

ピアノやエレクトーンのオンラインレッスン。教室ではこんな準備をしています。

画像はオンラインレッスン時の様子です。様々な外付け機材を使っている理由は、なるべく良い音質で生徒さんに音を送るためです。生徒さんから届く音はモニターヘッドホンで聞き、ネット接続はWi-Fi(無線)ではなく安定しやすい有線接続をしています。

エレクトーンとグランドピアノ、パソコンやマイク、マイクスタンドなどがたくさん置かれている部屋。

ご自宅での準備は、第一に安定した接続。第二に音質。

オンラインレッスンで最も大きな妨げとなるのは、接続が不安定になることです。なるべく無線ではなく有線接続をご検討ください。機材は無理なくできる範囲でスタートできます。スマホ1台で始める生徒さんもいらっしゃいます。オンラインレッスンを受講してみて、もっと拘りたい!と思われた場合は、少しずつ機材を揃えてみてください。

オンラインレッスンの対象者

  • 集中してレッスンに臨める年齢の初級〜中級者
  • 趣味志向の上級者

オンラインレッスンは、生音でなければ伝わらないような細やかな音楽表現の指導には向きません。また、集中できる時間が短い小さなお子様の場合は、幼児期に必須の指導内容を十分に行うことが難しいため、指導方針の観点からもオンラインレッスンは困難と考えております。(保護者様の付き添いによりレッスン可能な場合はこの限りではありません) 予めご了承ください。

オンラインレッスンで使用するアプリ

教室では主にZoomを使用していますが、初めてオンラインレッスンを受講する方はLINEビデオ通話やSkypeなど、普段お使いのアプリでスタートすることも可能です。事前準備を無料でお手伝いしていますので、お声がけください。

[ご希望の方に] SYNCROOMでオンラインレッスン

ヤマハのSYNCROOM(シンクルーム)は、音の遅延を気にせず同時演奏を楽しめる無料のアプリケーションです。音声だけのアプリなので、お互いの姿は見えません。そのためデバイスを2台(パソコンとスマホ、またはタブレット)ご用意いただき、1台はSYNCROOMを、もう1台はZoomやLINEビデオ通話など双方の様子が見えるアプリを開いてレッスンを行います。

SYNCROOMでオンラインレッスンを行うには

推奨環境の要件を満たす必要があります。

  • SYNCROOMが使えるデバイス、OS
  • Windowsの場合は、ASIOドライバ対応のオーディオインターフェースを使用
  • 光回線などのブロードバンド環境
  • 有線接続

公式サイト SYNCROOMの推奨環境

機材やSYNCROOMの使い方を実習する[機材実技コース]

初めて機材を使う方向けに、教室の機材を使ってスタートできる実習コースをご用意しています。オンラインレッスンだけでなく、スマホの演奏動画撮影にも役立つ内容です。コース修了生を対象にした、ZoomとSYNCROOMを併用するオンライン実習コースもあります。

機材実技コースはこちら

オンラインレッスンが初めての方へ

[1]まず始めにネット環境の確認をしましょう。

お互いに音と映像をやり取りするので、普段よりも通信量がかかります。通信速度が遅いと音や映像のズレが大きくなります。予め楽器のそばで速度を計測して、オンラインレッスン可能な速度かどうかを確認しておきましょう。

[2]最低限必要なのは3つ。

  • マイクとカメラが内蔵されているデバイス(スマホ、ノートパソコン、タブレット)
  • Wi-Fi(より安定するのは有線です)
  • イヤホンやヘッドフォン(デバイスに接続します)

✳︎ ピアノ、電子ピアノの生徒さんはメトロノームもご用意いただけると助かります。

[3]アプリを選んでご一緒に準備します。

レッスン中に不具合が起きることもあるので、アプリは2つ用意しておくと安心です。アプリのダウンロードや設定、デバイスを置く場所(カメラ位置になります)など、必要な準備のお手伝いをいたします。

ブログ記事/初めてのオンラインレッスン[準備の前に]5つのポイント

*オンラインレッスン導入をご検討中の先生方へ

オンラインレッスンの環境作り機材についてブログにまとめています。

music-team YAMATO で、2020年春からの経緯や機材などを紹介していただきました。このサイトには環境や機材についての更に詳しいページもあります。