発表会・グレード・コンクール

[ホールで発表会、ネットでも発表会]

フリースタイルの発表会です

舞台でピアノを弾く男の子とマイクで喋っている女の子

条件は2つだけ

  • ピアノやエレクトーンの演奏をメインにすること。
  • 制限時間内であること。

条件を満たせば、あとは自由です。選曲はもちろん、歌や他の楽器とのコラボ、トーク、コスプレもできます。

舞台でピアノとエレクトーンを弾いている女性

[ホールで発表会]

照明の色やパターン、プロジェクターに映す画像など、演出もできます。

ご自分のステージを自身の選曲と演出で、客席と演奏者が一緒に楽しむための発表会です。

動画投稿のイベント写真

[ネットで発表会]

生徒さんとご家族だけが視聴できる非公開のスペースで発表会を開きます。

例) Facebookページの非公開グループで動画投稿

私に承認されなければ入ることができない限定公開のグループなので、関係者意外に顔を見られる心配はありません。開演時間までに演奏動画を投稿していただき、終演時間には動画が削除されます。そのためリアルの発表会と同じようなライブ感があります。

コメントや拍手を送ることができるのも魅力の一つ。演奏者にとっては、たまらなく嬉しいものです。

発表会は全員参加を呼びかけています。
person taking photo of person playing piano on stage

人前での演奏は音楽的成長を大きく促します。弾き手としても聴き手としても、世界が大きく広がります。

指導方針として全員に参加を呼びかけています。

[参加費]

  • 動画発表会は無料です。
  • ホール開催は参加費が必要です。(会場使用料など必要な予算を参加人数で割った金額/参加数25名の場合、1人7000円~7500円)

[ヤマハ音楽能力検定(グレード)]

次のステップへ!弾みがつきます。

グレード(ヤマハ音楽能力検定)は、年齢にかかわらずどなたでも受験できます。

初級の内容から上級レベルまであるので、段階を踏みながら挑戦することができ、合格すると級を取得できます。

当教室では大人の生徒さんの受験も珍しくありません。

「1〜2年に1度受験する」と目標にしたり、音楽の健康診断のつもりで受験する方もいらっしゃいます。

[コンクールやイベント]

何歳からでも!挑戦できる場があります。

コンクールというと厳しいイメージをもつ方が多いのですが、中には、年代を問わず参加できるコンサートのような、イベントのようなコンクールもあります。

ご自身のアレンジ曲やオリジナル曲を演奏する、エレクトーンのコンクールイベントもあります。

審査されたり順位が決まったり、普段とは違う経験ができ、結果を形に残して先へ進むことができます。

ホール開催が難しい昨今、演奏動画で参加できるイベントもありますので、教室通信などでご案内しています。

jet.主催のサウンドカーニバルは、ご自身のアレンジ曲やオリジナル曲をエレクトーンで演奏するイベントです。年齢を問わず参加でき、ピアノ生徒さんの部門もあります。審査や表彰があるスタイルと、審査のないライブスタイルがあります。