[ヤマハのグレード]内容は?練習は?大人の生徒さんにインタビュー

電子ピアノ、五線紙、ペン、大人の手、黄色い照明

ピアノとエレクトーンのグレード(級)。子供達の例はよく目にするけれど大人の情報が少ない、という声がありましたので、グレードに合格した大人生徒さん達の例をご紹介します。まず始めはグレードの内容から。試験の内容は大人も子供も同じなので、これから受験をお考えの保護者様も宜しければ参考になさってください。

初めての方へ

[グレードってなに?]今の力を確認して次へ。ステップアップするための学習内容がわかります。

ヤマハグレードは、30を超える国と地域で実施されている音楽の検定試験です。対象は、音楽を学ぶ人すべて。つまり何歳からでも受験できます。グレードを通じて、

①鍵盤初期の初級から上級まであるので、段階を踏みながら進むことができます。

②ご自分の力量を客観的に確認することができます。

③さらに能力を伸ばすための学習内容が分かります。

級が欲しい!という方はもちろん、音楽力の健康診断としてもお勧めします。

ピアノやエレクトーンの演奏だけでなく、様々な楽器、種類のグレードがあります。

今回はピアノとエレクトーンの演奏グレードについて書いていきますので、他の楽器や演奏以外のグレードについては、こちらの公式サイトへどうぞ。別タブで開きます。

ピアノとエレクトーンの演奏グレード

[何級から?]鍵盤初期の13級〜学習者向け6級まで。5級以降は内容が大きく異なります。

13〜11級は、初期学習者の方向きです。

普段のレッスンの延長のような内容です。このテキストでどんなことを学習してきたか、どんな力が身についたかを確認できますよ。各テキストを修了したらぜひチャレンジしてみましょう。

10〜6級は学習者や趣味で楽しむ方達向けです。

初級や中級って何級くらいですか?というご質問をよくいただきます。お教室によって若干違うかもしれませんが、当教室の場合は10〜8級を初級、7〜6級を中級、5級からを上級と位置付けています。6級は、学習者や趣味で楽しむ方達が、上級の曲にも挑戦し始める頃。弾きごたえのある曲がたくさんあります。

5級〜

5級以降の内容、科目、形態は、学習者向けグレードとは大きく異なります。指導者、演奏家などを目指す方たち向けの内容ですが、趣味として弾く方も、もちろん受験することができます。

[10〜6級]科目が違う2つのコースから選んで受験できます。

演奏メインのAコースと、総合的な内容のBコースがあります。コース選びは、ご自分の何の力を確認したいのかを考えて決めることをお勧めします。聴音力や即興力?初見や演奏力?グレードは今後のステップアップのために必要な内容が分かるチャンスです。担当の先生とよくご相談して決めてくださいね。

試験問題集、表紙

ピアノ演奏グレード Aコース

自由曲の演奏、課題曲の演奏、初見演奏があります。初見演奏は問題集が市販されています。

試験の問題集、表紙

ピアノ演奏グレード Bコース

自由曲の演奏、初見演奏、伴奏付け/即興演奏、メロディー聴奏、ハーモニー聴奏、があります。問題集には、自由曲以外の科目がすべて入っています。

カラフル、数字、イラスト、冊子

エレクトーン演奏グレード Aコース

自由曲、課題曲、自編曲を演奏します。出題される問題はないので、問題集はありません。課題曲は画像のレパートリーの中から選びます。

試験問題集、表紙

エレクトーン演奏グレード Bコース

自由曲の演奏、初見演奏、伴奏付け/即興演奏、メロディー聴奏、ハーモニー聴奏、があります。問題集には、自由曲以外の科目がすべて入っています。

大人生徒さんの例をご紹介

[Q&A]グレードに合格した大人生徒さん達にインタビュー!

合格証、エレクトーン、女性

①初心者入会から1年半で挑戦したYさん

大人になってからエレクトーンを始めたYさん。鍵盤楽器は初心者でしたが、部活が吹奏楽部だったので読譜は初めてではありません。とは言えエレクトーンの3段譜は初めて。レッスンでは、まず3段譜の見方と、エレクトーンならではのアレコレを第一歩からスタートし、すぐに10級のレパートリーへ。いつも丁寧に練習をしていらっしゃるので、まもなく9〜8級の曲集を弾けるようになりました。

9級Aコースからスタート

見事オールAで合格しました。レッスンではすでに中級の曲を練習していますので、次は7級に挑戦することになりました。

Q : 初めて受験した時の感想は?

当日会場に着いてから演奏するまで、かなり緊張していました。曲を弾き始めてからも、とても緊張していましたが「いつも通り弾こう」と思いながら弾いていたら、緊張が少し和らぎました。試験は淡々と進み、すぐ終わりました。結果がわかるまで不安でしたが、通知を見た時、満点合格で嬉しかったです。グレードを受験し、自分に自信が持てました。もっと上の級に挑戦したいと思いました。 

Q : 飛び級について思うこと

ずっと7〜6級の曲を弾いているので、今弾いている曲に合わせて受験したいです。飛び級は良かったと思っています。

Q : 自宅練習で気をつけているポイントは?

レッスンで聞いたことは必ずメモをしています。レッスンがあった日は、後回しにしないでその日のうちに、メモを見て思い出しながら練習しています。

Q : お仕事と両立できる自宅練習のペースは?

忙しい日は2日に1度くらいですが、基本は毎日弾いています。1日の練習時間は、30分から50分くらいです。

合格証、Vサイン、女性、エレクトーン

②リターンレッスンで入会したFさん

子供時代にグループレッスンを受けていたFさんは、大人になってからレッスンを再開。9〜8級の曲からスタートして、間もなく7級の曲に進みました。ご自分のレパートリーがどんどん増えて、あちこちでボランティア演奏もするようになりました。グレード受験のご希望をいただいたのは、その後です。

7級Aコースからスタート

グレードは、生徒さんの習熟度に合わせて、初級からではなく途中から受けることもできます。Fさんは7級Aコースからスタートしました。科目に自編曲の演奏があるので、アレンジにも初挑戦。見事オールAで合格しました。現在、6級の受験を控えているFさんにQ&Aをお願いしました。

Q : もうすぐ受験ですが、6級の準備をしていた中で一番大変だったのは?

自編曲です。こんなアレンジにしたいというイメージは決まっていましたが、そのイメージを具体的に音にすることが大変でした。弾いたものを音符にして書くことも難しかったです。書く作業は隙間時間を利用して、練習時間とは別にしました。途中で諦めかけた時もありましたが、アレンジが完成して、通して弾けるようになると楽しくなりました。

Q : 自宅練習で気をつけているポイントは?

まず楽譜を正確に読んで弾くように注意しています。レッスンでは、楽譜には書かれていない表現上のポイントがたくさん出るので、必ずメモをして、家で練習するときに意識して弾いています。

Q : お仕事と両立できる自宅練習のペースとポイントは?

レッスンはだいたい隔週で受けているので、家で練習する日数は2週間あります。仕事が忙しくなると1週間くらい弾けないこともあるので、残りの1週間は集中して練習します。1日の練習時間は少ない日で30分、長い日で1時間です。

両立のポイントは、お風呂の前に弾く、というルーティンを決めていることです。それと、その日の気分に合わせて、練習している曲とは別に「お気に入り」を練習の前や最後に弾いています。練習がうまくいかなかった日は、その曲を最後に弾いて、気持ち良く終われるようにしています(笑)

ピアノの鍵盤、木製のアルファベット、LESSONの文字

グレードに挑戦した大人生徒さん達のナマの声。いかがでしたか?グレードは「級」という形に残しながら次のステップに進むことができるので、ハッキリした目標を持ちたい!という方には特にお勧めします。充実感、達成感いっぱいの合格証を手にしてくださいね。