オンラインレッスン準備のお手伝い

初めてオンラインレッスンを受講する方へ

[1]受講するお部屋でネット環境を確認してみましょう。

お互いに音と映像をやり取りするので、普段よりも通信量がかかります。通信速度が遅いと音や映像のズレが大きくなります。無料のWi-Fi速度測定アプリなどで、予め楽器のそばで速度を計測して、オンラインレッスン可能な速度かどうかを確認しておきましょう。

[2]6つだけご用意ください。

  1. レッスンで使用する楽器(ピアノ、エレクトーン、電子ピアノ)
  2. マイクとカメラが内蔵されているデバイス1台(スマートフォン、タブレット、パソコン)
  3. デバイスを固定できるもの(ホルダー、アーム、三脚、台など)
  4. Wi-Fi(可能であれば有線接続)
  5. イヤホンまたはヘッドフォン(デバイスに繋ぎます)
  6. メトロノーム(エレクトーンと電子ピアノは楽器に内蔵されているものを使用)

[3]アプリを選んで、ご一緒に準備します。

レッスンでは主にZoomを使用しています。不具合が起きた時のために、LINEビデオ通話などのアプリをもう1つ用意しておきましょう。Zoomのインストールや設定、デバイスを置く場所(カメラ位置)など、必要な準備のお手伝いをいたします。

Zoom、オンラインレッスン、女性、子供、生徒、教室、ピアノ、ヘッドホン

優先順位は、第一に安定した接続、第二に音質。

オンラインレッスンで最も大きな妨げとなるのは、通信が不安定になることです。なるべく有線接続をご検討ください。

機材は無理なくできる範囲でスタートできます。教室でも、ほとんどの生徒さん達がスマホ1台で始めています。オンラインレッスンを受講してみて、もっと音質に拘りたいと思った場合は、少しずつ機材を揃えてみてください。

オンラインレッスンの対象範囲

  • ある程度集中してレッスンに臨める年齢の初心者〜初級者
  • 趣味志向の中級〜上級者

幼児期のお子様の場合、必須の指導内容すべてをオンラインで行うことは困難です。幼児期は音楽の土台を育むとても大切な時期ですので、指導方針の観点からオンラインではなく直接指導ができる対面レッスンを推奨しております。保護者様の付き添いによりオンラインレッスンが可能な場合はこの限りではありません。

また、オンラインレッスンは生音でなければ伝わらないような細やかな音楽表現の指導には向きません。そのため中級〜上級者の場合は、趣味志向の方を対象にしています。

オンラインレッスンで連弾やアンサンブルなどの同時演奏をしたい方に

ヤマハのSYNCROOM(シンクルーム)は、音の遅延を気にせず同時演奏を楽しめる無料のアプリケーションです。音声だけのアプリなので、お互いの姿が見えるようにZoomやLINEビデオ通話などを同時に使ってレッスンを行います。

SYNCROOMでオンラインレッスンを行うには

推奨環境の要件を満たす必要があります。(デバイス、OS、機材、光回線などのブロードバンド環境、有線接続など)

SYNCROOMや機材の使い方を実習できます。

オンラインレッスンや演奏動画撮影の音問題でお悩みの方に。

オーディオインターフェースなどの機材を初めて使う方、SYNCROOMを初めて使う方向けの、はじめの一歩です。1人でできることを目標に、慣れるまで何度でも実習できます。ゆっくり機材実習

オンラインレッスン導入をご検討中の[ピアノ・エレクトーン指導者]の方に

お時間が合えば無料でお手伝いしています。私で何かお力添えできることがあれば「お問い合わせ」へご一報くださいませ。

教室側の環境について、記事にまとめています。宜しければご覧ください。

music-team YAMATO 南福島ミュージックルームのオンラインレッスンについて、楽曲クリエイターの大和裕子先生が記事にして下さいました。こちらのサイトにはオンライン環境や機材について、非常に詳しいページがありますので、ぜひご覧ください。大変参考になるサイトです。(サイトは閉鎖される予定ですので、お早めにご覧ください)

植物、スケッチブック、黒い文字、バナー

植物、スケッチブック、黒い文字、バナー

植物、スケッチブック、黒い文字、バナー